名古屋市にある古民家の耐震補強

株式会社アオキ建築は古民家の耐震補強を得意とする建築会社です。

TEL.052-382-4548

〒455-0066 愛知県名古屋市港区寛政町5丁目9番地

06月

名古屋およびその周辺の水害(3)

伊勢湾台風による名古屋の高潮災害
昭和34年9月22日,帝大平洋マリアナ付近に発生し、9月26日午後6時20分ごろ、925・5mbの最低気圧をもって紀伊半島南端潮岬の西寄りの地点に上陸し、その後時速70kmの高速をもって北々東に進行し、午後9時すぎ名古屋の西方約30kmの地点を通過し、本州中部を斜めに検断して日本海へぬけた。高潮偏差(気象潮)は、正午ごろすでに40cm程度あらわれており、気圧の低下に伴い増大し、夕刻から急激に増大して最低気圧に達してまもなく、午後9時35分に最大気象潮3.61mを記録した。
この台風がこのような異常な高潮を引きおこした最大の要因は、台風のコースにある一般に台風の中心から、進行方向に向かって右側では風向はほぼ進行方向であるが、これに進行速度が加わって高風速となる傾向があり、中心から数十キロメートルはなれたところに最大風速が生ずる。伊勢湾台風は、伊勢湾の長軸にほぼ平行に、かつ数十キロメートル西方へ寄った位置を進行し、しかも進行速度が70km/hという高速であったこと、また伊勢湾の形状が風向方向に幅が狭くなるⅤ字形をしていることが、湾奥に異常な高潮をおこした最大の原因である。また小潮ではあったが、干潮より満潮へむかう時刻であったことや、降雨による河川の増水も異常潮位を助けた。
名古屋港の埋立地高さはT.P.+1・5~3・5m程度であるから、最高潮位T.P.+3.89mに達する以前に、早いところでは午後8時30分ごろから浸水がはじまり、多量の海水は埋立地をのりこえて背後の低地帯へ流入した。また河川、運河を逆上した高潮は堤防を破壊し、側面からも陸地へ浸入した。

名古屋およびその周辺の水害(2)

名古屋における水害と関係の深い臨海低地は、およそ次のように分類して理解できることができる。
i) 埋立地
明治、大正、昭和にかけて、港の整備にともない造成されたもので、標高T.P.+1.5~3.5mの地盤高をもっている。
ii)干拓地
徳川期に新田として、遂次干拓されていった地帯で、標高はT.P.-1.0mの低地がかなり広く分布している。
iii)旧開拓地
徳川期以前に開拓された土地で、標高はT.P.+0.5~2.Omくらいの地帯で、北は国道一号線のやや北から関西本線以北におよび、東側は洪積台地の西側に沿って細長く帯状をなしている。
名古屋の低地は現在大部分が市街化しているが、市街化が急激にのびたのは昭和5年以降、とくに戦時中の軍需工場の進出および戦後の経済成長によるものである。防災対策がないままに急激に市街化したことが、伊勢湾台風時に名古屋に空前の被害をもたらす原因となった。