名古屋市にある古民家の耐震補強

株式会社アオキ建築は古民家の耐震補強を得意とする建築会社です。

TEL.052-382-4548

〒455-0066 愛知県名古屋市港区寛政町5丁目9番地

12月

濃尾平野の地史(18)

熱田層の堆積後、海面が下がり始めたころに熱田面中にきざみ込まれた河床面は、名古屋市内の熱田台地の中央を南北に貫く溝状の低地として残っている。この低地の地形面は大曽根面と呼ぶ。
大曽根面は、熱田台地の北縁の大曽根付近から、東新町、堀田へと続いている。
千種区と守山区の境にあたる、矢田川と香流川にはさまれた猪子石原は、下流側の西端で海抜30m、上流の東端で45mの高さを示す高い段丘地となっている。この段丘上の猪子石原面も大曽根面とほぼ同じ時期にできた旧矢田川の河床面と考えられる。
その他、北方の春日井市から小牧市を経て犬山付近までつづく広い段丘面は小牧面と呼ばれている。この段丘面は、春日井付近で20mから40mほどの高さを示す。
この付近の小牧面は、旧木曽川と旧庄内川の合流付近で作られた川床面、もしくは氾濫原の名残である。おそらくこの小牧面も名古屋市内の大曽根面とほぼ同じ時期に形成されたものであろう。
小牧面は、犬山付近で、御嶽火山から流出した木曽川泥流におおわれている。この泥流時代は2.6~2.7万年前ということがわかっている。
沖積世海進、とくに縄文海進によって、5000~6000年前の伊勢湾が、現在の海岸線から40㎞も内陸の大垣市や木曽川町の辺りまで侵入し、今日の海抜5m等高線の付近に当時の海岸線があったことは、濃尾平野を横切る東海道新幹線や濃尾大橋などの基礎地盤調査による海棲の買いからも推定される。
濃尾平野には様々な貝塚や遺跡が発見されている。濃尾平野の最奥の養老山麓には、海棲の貝を含む貝塚である庭田貝塚がある。 熱田台地の北端にあるのは長久寺貝塚(東区長久寺)。弥生前期には、西区貝田町の西志賀遺跡、東海地方で最も古い弥生式遺跡は西春日井郡清洲町の朝日貝塚、海部郡甚目寺町の福田遺跡などがある。この福田遺跡は、海抜2.5m内外にある弥生式中期・後期の遺跡で、西暦10世紀頃まで海岸に近かった。
この他に、尾張の西部には御払遺跡(一宮市萩原)や四郷遺跡(岐阜県輪之内町)などがある。この四郷遺跡は典型的な輪中地帯にある唯一の弥生式遺跡である。
注意されるのは、前述の西志賀遺跡など濃尾平野東部の弥生式貝塚が、標高3~4mという比較的高い位置にあるのに対して、西部では四郷遺跡の場合など、ほとんど現海面に等しい高さにあることである。これは濃尾平野の西方に傾く傾動運動によるものと考えられ、同平野西部の沈降運動がその方面を恒常的な湿地とし、そこに低湿地の堆積層である上部泥層を5mにも及ぶ暑さに堆積したことが推定される。

濃尾平野の地史(17)

第1粘土層は熱田層最上部付近にあり,厚さは2~3m以下で中央部から台地西部にかけて分布している。
これらの粘土層の間には砂層が堆積している。この粘土層と砂層が交互する堆積相の変化がそれぞれ直接海面の変動に結びついていたとは結論づけられないまでも、熱田層上部を堆積した海ほ前進と後退を繰り返したことがうかがわれる。
砂層には浅海または海浜で堆積したと考えられる中~細粒の粒度のよくそろったものから、かなり海岸線が後退したあとに形成された三角州ないしは比較的粗粒の河床性のものまでが含まれている。また砂層中には帯状につながった砂れき層がはさまれている。これは海側に成長する三角州を追ってのびた河川の河床れきと考えられる。この帯状の砂れき層は、その横断面ではレンズ状をなして砂層中にあらわれる。
このような粗粒物が水平的な広がりをもたずに砂層中に帯状をなしてはさまれているのは、比較的急速に堆積が進んだことを示している。また、上部層中の砂層は御嶽火山の放出物である火山岩片の砂粒を多量に含んでいる。これらの火山岩片は風化して容易に粘土化してしまうため、地表付近などで風化した部分はやわらかく、一般に上位の砂になるほど次第にゆるくなる傾向がある。

濃尾平野の地史(16)

第4粘土層は名古屋市の中部以西および南部に発達し、分布深度は台地の北東部で海抜Om付近に南および西部でほ-30m付近に分布する。
中部以東ではレンズ状に断続する。南西部では下位の第5粘土層と連続し、この粘土層中にも海にすむ貝の化石が発見されるが、中・北部では海成層という証拠に乏しい。
この粘土層は一般に過圧密で硬く、おそらくこの第4粘土層の堆積後に海面低下期があり、つぎの上部層が堆積するまでの間に小さな不整合があったらしい。
熱田層上部は第4粘土層直上の砂層から上位の熱田層をいう。この第4粘土層より上位の砂層は後述のように浮石や火山岩片を含み、下部層の花こう質の砂とおもむきを異にしている。
第3粘土層は、厚さの膨紡がはなはだしく、レンズ状に途切れたり2層にわかれたりするが、ほぼ全域に追跡される粘土層である。その厚さほ最高10m近くに達することもあるが、
一般には数メートル前後である。この粘土層の分布深度は西部では海面下20m前後、市内中央部でOm付近、中央部以東および以北では薄くなって消滅しているが、その層準は、海抜数メートルから10m前後の位置にあると考えられる。粘土層中にほ海棲の貝化石はほとんど認められず、腐植物に富み海水に淡水のまじったような沼沢地の堆積物と考えられる。
この粘土層は台地中央部以西では連続性を増す。
第2粘土層は局部的に発達するにすぎず、厚さも2~4mを越えない。